お正月にぴったり。右門の笹おこわ

2020年11月29日

お正月の食卓を彩るおせち料理。おせち料理は、年初めに各家を訪れて、
その家を1年間守ると言われている年神様にお供えをするための供物料理ですね。

正月にはあまり火を使わない様に、作り置きの可能な食品を用いて、
お重の料理を用意し、かまどの神様を休めるという意味もあります。

現代では奥様の負担を減らすよう家事から解放され、
家族とゆっくりお正月を楽しむための側面も大きいですね。

そんなお正月には笹おこわがおすすめです。

本来笹に包まれたおこわは、お祝いの膳に出されたものですから
お正月の来賓時におせち料理と一緒にお出しするとぴったり納まります。

もちろん家族との気の置けないお正月にも
温めるだけのお手軽さで、おせち料理と共に、
笹を解いて召し上がる時の特別感は
のんびりと過ごすお正月の中にも風情豊か。
大変喜ばれますよ。

このお正月は、是非右門の笹おこわをご準備ください。

お正月にぴったり。右門の笹おこわ